コラーゲンと生コラーゲン

わたしたちの身の回りには数多くのコラーゲン商品があります。

化粧品、サプリメント、食品などなど、コラーゲンと書いてあると思わず買ってしまうなんて言う女子も多いのではないでしょうか?

コラーゲン配合とあれば、きれいなお肌!できるだけ、コラーゲンを吸収したいなんて思ってしまいますよね。

そんなコラーゲンなのですが、最近生コラーゲンというのを聞いたことありませんか?

メディカルコスメブランドのドクターシーラボが生コラーゲン配合のパーフェクトゲルファンデーションを発売しており、この生コラーゲンというのが今注目の成分となっているんです。

では今までのコラーゲンと何が違うのでしょう?

生コラーゲンというのは、その名の通り生のコラーゲンです。

元を正せばコラーゲンも生コラーゲンも同じものではあるのですが、生コラーゲンを商品として精製する際に熱を加えることで、生ではないコラーゲンになってしまうのです。

生コラーゲンというのはタンパク質でお風呂の温度くらいの熱でもその持っている構造が壊れてしまうのです。

壊れた構造となった生コラーゲンはもう生ではなく、普通のコラーゲンになります。

そしてこのコラーゲンというのはゼラチン化したものです。

生コラーゲンというのは三重螺旋構造になっています。

この三重螺旋構造は、人間の肌のもつコラーゲンととても似ていて、角質に浸透して角質層の状態を良くする効果があると言われています。

ただし、生コラーゲンのまま、製品化するというのはとても難しいことであり、生コラーゲンを配合しているスキンケア商品などはとても数少ない様です。

美肌には欠かせないコラーゲン、しかし、更に美肌にしてくれるのは角質層の状態を整えてくれる効果のある生コラーゲンです。